鬱の診断は早めに受けよう|早期発見・治療のために

心の問題の解決方法

男性

継続的な薬物療法が必要

鬱とは、現代病ともいわれストレスを感じている多くの人が発症しやすいと考えられている精神的な病気の一つです。鬱には、精神的な症状と身体的な症状があります。精神的な症状としては、悲しみや不安、焦る気持ちなどが募り慢性的に続いていく状態です。やる気が出ず、頭の回転も鈍るため仕事の作業が追い付かずに会社や周囲の人に影響を与えてしまうことがあります。仕事の能率が落ちると自分を責め、余計憂鬱になるという悪循環を繰り返すようになります。症状が酷くなるとすべてが嫌になり、自分が何をするべきなのかもわからなくなってしまうことがあります。身体的な症状としては、不眠や食欲減退、胃腸が不調になるなどがあります。鬱の症状は人によっても様々ですが、診断は比較的容易にできるケースが多いです。鬱病になる人は、多くは我慢して症状が悪化してから受診する傾向にあります。話の内容や普段の様子、不調が出る部位などを知るだけでも診断できる場合もあります。病院では診断の補助として、チェックリストなどを設けているところもあります。症状や気持ちに関する項目にこたえていくことで、鬱の傾向があるかどうかを診断するテストのようなものです。診断が大体決まれば、基本的には薬物療法がおこなわれます。決められた期間、処方された薬を服用しながら様子を見る治療法です。鬱の治療には欠かせない、中心となる治療が薬物療法となっています。継続的にしっかりと服用していくことで、症状の改善や回復につながります。

再発予防を心がけること

鬱は、多くの人が発症すると言われる精神疾患です。適切に治療を継続的に行っていくことで、完治させることも可能になります。しかし、多くの場合は途中で勝手に薬の服用を止めたり医師の言うことを無視して通院もしなくなることで症状が悪化したり再発することがあると言われています。鬱の治療の目的は、症状を改善させることだけでなく再発予防という大きな目的があります。鬱の症状を改善させて、苦痛を生活から減らしより楽に生きていくことは治療を行うことで実現できますが再発予防をしていくことはもっと難しいと考えられています。鬱は一度よくなったと思っても、数年以内に発症したり、多くの人が一生涯のうちにほとんど再発すると言われています。その多くの場合は、薬の服用や通院をしっかり行っていなかった場合であると言われています。鬱は環境による影響や遺伝の影響を強く受けて発症すると考えられています。再発を予防するには、継続的な薬物療法だけでなく生活習慣を改善させていくことも大切になります。独断で薬の服用や通院を止めてしまうと、悪化しやすい傾向にあります。鬱病の患者は、通院することを極端に嫌い治療に消極的なケースがほとんどです。薬の服用や通院を一定期間続けることは、症状改善に必要であり再発予防にもなることを理解して治療に励むことが大切です。その為には、家族や友人など周囲の人のサポートが必要になってきます。出来る限り通院や薬の服用を促して、しっかりと寄り添ったサポートが大切であると言えます。